<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

卒業していくのさ。後輩が

今日は3月31日。
うちの研究室一優秀な学生が卒業していく。
しかし、まだ今私の前で作業を続けていて、なんか卒業していく実感が全然わかない。

しかし、出て行ったらさみしいだろな〜〜。
研究室での女性率も下がるから雰囲気も悪くなるだろうしな。。
研究室にとってまっこと惜しい人材だけれども、この研究室に居た方が社会には惜しいだろうよ。がんばってエリートの道を突き進んで下さい。

彼女は研究室にはいなくなるけど(週末は来るって話があるが)
外で呑みに誘おうとたくらみ中。つきあってくださいね。
(でもそれには私のD論がーめどがついてないとーーーー)
[PR]
by katsuragisan | 2006-03-31 23:31 | 友達

うーん…

日韓摩擦の正体

摩擦熱を計算する為に「摩擦」とかでググっていたらこんなの見つけました。
地下鉄に展示されている韓国の中学生が書いた絵らしいんですが、
(上記のHPから飛べるようになっている)
想像以上にすごかった…。
なんか哀しくなるよなあ、、、そこまでするのん…?てかんじで。
こりゃあなかなか仲良くなれんわけだわな。(「なか」が多い文章やな)
最近は共通の歴史認識を!なんて言ってるけど
歴史認識ってもともと共通じゃないし日本、韓国だけで共通の歴史認識を作るのは無理で
第三国にも手伝ってもらわなきゃならないと思う。世界の近代歴史学者を集めろ!そして感情抜きで科学的に認識を作れと思う。
[PR]
by katsuragisan | 2006-03-18 01:11 | どーでもよくないこと

白虎

キトラ古墳「白虎」を特別公開、極彩色壁画では国内初
さっきこのニュースを見て、
やったあ!明日から実家に帰るから見れるかも!?と思ったのに
公開は5月12からやああああ〜〜〜〜。

みたい〜〜〜〜〜〜〜!!
[PR]
by katsuragisan | 2006-03-17 22:26 | どーでもよくないこと

帰ってきました…(つづき1)

三重県東部での観察を行った際に利用した宿はつつじの里荒滝という宿。結構安かったのでご飯とかに期待はしてなかったんだけど、これが結構、いやかなりよかった!!セミナー旅行とかで使うなら最適な所だと思う。特に山の幸が美味しくてびっくり!焼き魚に副菜としてついていたしょうがもこの宿で漬け込んだそうだし、肉厚のしいたけももちろん天然木を使った自家製(これがめっちゃ美味しかった!こんなにしいたけに感動した事はいままでないよ!)。それに二日目はボタン鍋にしてもらったんだけど、野生のイノシシ肉だそう。ほんとに山の幸満載やった。ふとんも自分で敷いて下さいと説明書に書いてあったけど、いつの間にか敷いてくれてたし。かなりお得やったと思う。
ボタン鍋
b0011345_2234107.jpg


最終日のみ奈良県天川村へ行ってちょっとお高い宿に泊まってきた。紀ノ国屋甚八。創業300年の宿。
ここも高いだけあって良い宿やった。かなり使い込まれた暖かみのある木の床だったり、かなり趣きがあった。
玄関↓
b0011345_2249521.jpg

ごはんももちろん美味しかったけどちょっとした時に出て来るお茶菓子が美味しい…。
しかし、翌朝男性陣は寝ている所をいきなり「ふとんあげてよろしいでしょうか?」と言われて起こされたらしく、前の日の行き届いた対応と比べたら???な所もあった。でもそれは見るからにバイトっぽいにーちゃんだったし、それでかな?もしくはさすが大峰山に修行に行く行者の為の宿だけあって、朝は何がなんでも起こされるのだろうか??女性陣はすでに起きていたので叩き起こされはしなかったけど、もし寝てたら起こされたかもなー。
それで朝に窓の外を見てびっくり。雪が積もってた。。。車で来たのに大丈夫なんだろうかー?でも親切な事に宿のおじさんが雪の積もっていない国道まで運転していってくれた!!なんて親切なんだ!ありがとーおじさん!でもおかげで帰りによろうと思ってたごま豆腐屋さんに寄れなかったよーー。かなり残念。ここらのごま豆腐は美味しいからお土産にしようと思ってたのに…。
雪道↓
b0011345_22493775.jpg

[PR]
by katsuragisan | 2006-03-16 22:50 | 行楽

帰ってきました…

4日ほど研究室で巡検(野外観察旅行)に行ってきた。
行き先は三重県、奈良県の山間部。吉野辺り。
ここには日本で一番大きい中央構造線という断層がいろんな所で観察でき、一カ所なんかは天然記念物になってたりする。
あと、中央構造線沿いには温泉がたくさんあるので、それにも浸かって来た!

しかし、吉野といえばもうちょっといけば実家が…!
あ〜〜帰りたい〜!なのに行けない〜!
でもまあ近畿圏に入って実家近く来ただけでもちょっと癒される。
奈良に入ったあたりから言葉が、言葉が、、おっさんの喋ってる言葉がうちのお父さんそっくり。。温泉でのおばちゃん達の会話がうちで親戚が集まった時にそっくり。。知らず知らず私も言葉が戻ってたみたいで、後輩に指摘されてしまった。。だってここは近畿!周りの雰囲気で喋る言葉は変わるからしょうがないのよ…。多分高知行けば高知弁になったりするんやと思う。はっ!もしかして「自分」がないのかな?私!周りの雰囲気に流されるなんて!むむむー。

とにかく、懐かしい土地でもある所やったけど、あらためて近畿の田舎を見て、里山ってなんて美しいんだ!と感銘も受けた。田んぼが綺麗に整えてあって、家は瓦屋根で庭をきちんと整備している。田んぼがきれいな曲線でしきられているのもイイ。日本人の几帳面さが前面にでてます。多分、里山である自然の綺麗さだけではなく、統一感のある家並みだから美しいってのもあるんだろうな。だってここにひとつでもビルがあったら台無しだし。やっぱ奈良は日本人の心の古里なんでしょうなあ。やたらと懐かしさがこみ上げてきた。見る分にはかなりいい所。是非一回は行ってみてはいかがでしょうか!(住むとなればまた違うと思うので)

ちょっと心に残った場所などを写真で説明。
基本的に観光にいいとこです、今は梅が半分くらいの季節やけど、桜の季節はさぞかし綺麗なんだろうと思うよ。

これが中央構造線
b0011345_22201366.jpg

観察中に雪が降って来て、しまいには吹雪いて…。(これは遠景ですが)
寒くて寒くてちょっと耳がちぎれるかと思った。。
b0011345_22221169.jpg

[PR]
by katsuragisan | 2006-03-16 22:24 | 行楽


退院後(大学院卒業後)の日々あれこれ


by katsuragisan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

他のお気に入りブログリンク

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧